薄化粧生活&食事の改善で生理前ニキビ改善!

結婚前、営業職として働いていた頃、生理前のニキビに悩まされていました。フェイスラインを中心に、おでこや顎など多いときでは10個前後もポツポツ発生。時には赤く腫れて痛むことも。色々なニキビ用化粧水、治療薬を試してみたりもしましたがこれといった解決策はなく、とりあえずコンシーラーとファンデーションで隠して仕事をしていました。

入籍を機に仕事を辞め、半年ほど専業主婦生活に入りました。この時期に生理前ニキビが劇的に改善したのです。その後5年が経過しますが、かつてのようなひどい状態にはもうなりません。改善した理由を自分なりに検証してみました。

(1)化粧をほとんどしなくなった。

営業時代は毎日ベースからお粉までフルコースで付けていたのですが、生来のズボラさから、ほとんど化粧をしなくなりました。塗っても日焼け止めと軽めのパウダーくらい。洗顔はそれまでと同様にメイク落としと洗顔料のダブル洗顔をしていました。

化粧品は毛穴を塞ぎますし、塗るという行為が肌への負担となることもあるようです。私の場合も知らず知らずのうちに肌をいじめてしまい、ホルモンバランスの崩れがちな生理前に、それが現れていたのではないかと考えられます。

対人関係の仕事の場合は、休日だけでも化粧を休むと少し肌も休憩できるのではないでしょうか。

出典:おでこニキビの予防
こちらも参考に。

(2)食生活の改善

朝早く夜遅いのが営業職。朝御飯は抜きで9時前に缶コーヒー、お昼はコンビニでサンドイッチ、夕方にコンビニスイーツ、夜は10時過ぎにまたコンビニで何かしら買う、というのが平日のよくある食事でした。

結婚後は節約のため毎食手作り、おやつはたまに美味しいケーキや和菓子。夜はできるだけ一汁三菜、野菜たっぷり。

元々の生活では、肌に必要なビタミン、ミネラル、たんぱく質がほとんど摂れていません。

また、添加物の多さも気になります。

さらに、総カロリーに対して糖質、脂質の占める割合が大きすぎます。糖質、脂質の摂りすぎは皮脂の過剰分泌を促します。

3食それなりにバランス良く手作りのものを食べることで、総合的にこれらの問題点が解消したのではないかと思います。

食生活を改善するのはなかなか難しいです。しかし、食品の選び方を変えることはできます。小麦製品と比べて比較的添加物の少ない米飯を選ぶ、缶コーヒーの代わりにマイボトルを持参する等試してみるだけでも、ニキビ改善には価値があるのではないでしょうか。

いまではおでこのニキビも顎のニキビも気になりません。

思春期のおでこニキビ、自然になおるから下手な化粧品を使わないで

学生時代は思春期ニキビに悩まされてる時代がありました。やはり運動、ご飯、規則正しく生活していてもできてしまってどうしたらいいのかわからなくなって気にしすぎて色々精神的に問題が発生し、どうしたら治るんだろう?どうしたら隠せるんだろう?と色々考えて疲れてしまった時もありましたが、大人になったらそれが急になくなって昔ほどできなくなりました。

しかし、昔の教訓をいかし、やはり、早寝早起きや、ニキビに効く薬や、運動、規則正しい生活、野菜中心や、こういった当たり前のことからからが予防にも繋がってくると思っているので、実行をしています。お風呂もそうですが顔をシャワー等で直接あてるのは肌に悪いとおもいますので、手ですくい、水やぬるま湯で洗うようにしています。

そしてニキビができてしまっても決して潰さずにして治すようにしています。やはり、自然治療がいいのではないかとおもいます。昔はかなりニキビが出来た時もありましたので、つぶすとかではなく、病院にいきました。この現代不規則な生活やご飯もバラバラな時間の世の中ですが出来るだけ決まった時間にご飯を食べ、お風呂に入り、あとは睡眠も大事と思いますので、ぐっすり寝れる環境も作るようにしています。

季節の変わり目、ニキビ対策は食生活と睡眠

私はストレスが溜まったり、春や秋などの季節の変わり目はニキビが出来やすくて、毎年悩んでいました。ニキビ用の化粧品を一時期使っていたのですが、なかなか改善しませんでした。

ニキビは外に出来るものだから、内側を改善すればもしかして良くなるかもしれないと思って、まずは食事の見直しからしてみることにしました。

それまでは、結構揚げ物などの油っこい食べ物が大好きで食べていましたが、なるべく控えるようにして魚や野菜や海藻類を意識するようにしました。

具体的には、一汁三菜を心掛けて日替わりで肉と魚にして、毎日肉だけを食べたりしないで、魚を食べる回数を増やすようにしました。

このように食生活を変えるようになったら、徐々にニキビが出来なくなってきました。そして、新陳代謝も活発にした方が、ニキビの元である老廃物が排出されるのではないかと思って、毎日ラジオ体操を始めました。

3分程度の時間ですが、慣れないと体がついて行けない感じで、最初の頃は息切れもしていました。今はもう慣れて、軽く汗が出るので新陳代謝が良くなったと思っています。

あと大切なのは、睡眠不足にならないようになるべく夜10時~深夜2時の肌をきれいにしてくれる、シンデレラタイムに眠っていることです。

これらを実行してから、たまにニキビのようなものが出来ますが、すぐに治るので今後も予防のために続けたいと思っています。

おでこニキビにココナッツオイルのパワー

ニキビは顔を清潔にすることは勿論ですが、食事面での暴飲暴食もニキビの原因に繋がります。

油分の高いものを多く摂取するだけでも次の日の朝、おでこにニキビが1つできるなどということも少なくないです。そんな顔のコンディションが良くない日は、更に肌に負担をかけないようファンデーションなどなるべく薄めに付けたりなど化粧の面からでも気にしています。

また、運動や気温でも肌の油分が増えたりするので、こまめにあぶらとり紙を使用しています。そして家に帰った後も薬用またはアクネ菌を殺菌などの洗顔フォームを使用しています。

また洗う時にも、洗いすぎないよう注意しています。なぜなら洗いすぎると水分不足になり水分不足を補うために毛穴から油分がでるからです。洗い終わった後は刺激の少ない化粧水を使い保湿します。

あと、私だけかもしれませんが有機ココナッツオイルを肌に薄く塗って寝ています。ココナッツオイル自体免疫効果があるようで肌のコンディションが悪い時に気にして塗るようにしています。塗った直後はベタベタして逆に肌に悪いような気がしますが、朝起きた時に肌がしっとりしていておでこニキビも小さくなっていたりします。

人それぞれの肌の相性もあるかと思いますが、ココナッツにはまだまだ未知の力があるように思います。

肌を清潔に保つ生活スタイル

どうも体質的にニキビができやすいようで、これまで様々なおでこニキビ対策を試してきました。

しかし、そうした試行錯誤の結論として、下手にニキビ予防のために顔に何かを塗りたくるよりも、むしろそのままで顔の肌を清潔に保つことが何よりのニキビ予防だという結論に行き着きました。

そもそもニキビの原因はアクネ菌という細菌であり、顔を清潔にしアクネ菌の繁殖を抑えていれば赤く腫れ上がったニキビは発生しなくなるのです。そして毛穴に皮脂などが詰まる原因も、顔を清潔にしていればほとんど解消することができるでしょう。ただ顔を清潔にする方法で注意点ですが、いくら顔を清潔にし殺菌効果があるからと、強力な洗浄効果のものを直接顔に使用するのはやめておきましょう。

ニキビの原因となるアクネ菌は、美容を気にする人にとっては確かに有害な天敵と言えるかも知れませんが、実は人の皮膚の上に当たり前に存在する常在菌の一種であり、その数が少なければアクネ菌も皮膚の健康に貢献する働きをしてくれるのです。

ここで強力な殺菌効果でアクネ菌とそれ以外の常在菌を全滅させてしまえば、おでこニキビが消えるどころか、逆に肌が大いに荒れ深刻な美容面でのマイナスが発生することにあります。ニキビ対策としては余計なことをせず、当たり前の範囲で顔の清潔を保つことが最善のニキビ予防なのです。

脂っこい食事を辞めていっきにニキビ改善

私はニキビにならないように一番気をつけているのは生活習慣を出来るだけきちんと過ごすようにしています。出来るだけ油っこい食事は避けて野菜を食べるようにしています。野菜の中でもビタミンが多く含まれているものを食べています。ビタミンが多く含まれるものは美肌作りに必要なので、ニキビ予防には効き目あるようなので試しています。

そして睡眠をとるようにしています。用事が無いときは21時~22時ぐらいには寝ています。毎日8時間前後、睡眠をとっています。

私の中で一番苦戦しているのがストレスを溜めないように生活するということです。ストレスが溜まってしまうとホルモンバランス崩れてその結果ニキビとして出てきてしまうこともあります。その為ストレスが溜まったと感じた時には、好きな事をしたり外で1時間くらいウォーキングしています。ウォーキングして汗をかいたら洗顔は使わずに顔を洗って汗をおとしています。このように基礎となる生活をきちんとしたうえでスキンケア商品などを使って肌が乾燥しないようにしたり洗顔で汚れなどを綺麗におとしたりしています。

このやり方がいいのかはわかりませんが、以前に比べてニキビが出来る事が少なくなってきました。そしてニキビだけでなく便秘もなくなりました。これからもニキビ予防を続けていきたいです。

便秘を伴うニキビには、食事と運動

私は中学生の頃からニキビに悩んでいました。特に私の場合は、頬や鼻、顎に出来やすく、顔を出すのが恥ずかしい時期もありました。雑誌や口コミでニキビに良いと言われる方法はなんでも試しましたが、これといって利く方法はありませんでした。

そんなとき、便秘は肌に良くないと聞きました。私は少し便秘気味だったので、それを改善したらニキビも良くなり、肌もきれいになるのではないかと思いました。便秘を解消するために、野菜や果物を多く取り、ヨーグルトなどの乳製品も摂るようにしました。適度に運動も始め、だんだん便秘は良くなっていきました。そうすると、次第にニキビも減っていったのです。

便秘解消方法を続けていくと、悩んでいたニキビはあっという間になおりニキビが出来にくくなりました。

腸内環境とニキビは関係しているようなので、便秘という方はまず解消することをオススメします。規則正しい生活がニキビを出来にくくします。

また、私は洗顔後に化粧水や乳液をあまり丁寧に塗っていませんでした。洗顔後、すぐに時間をかけてお手入れし始めるとだんだんニキビも減って肌もきれいになりました。私はニキビで悩んでいた頃、ニキビをつぶすと治りが早かったのでつぶしていましたがこれは絶対にしてはいけません。そのときは治りが早くていいのですが、ほとんどの場合ニキビ跡が残ってしまいます。ニキビを治すより、ニキビ跡を治す方が大変です。あとで後悔するので、つぶすことだけは絶対にしないでほしいです。

ストレスによるおでこ、あごニキビには原因を探るのが先

新しい職場に転職して間も無いころ、ストレスの為か、おでこやあごにニキビができ始めました。いっときのことだろうとしばらくは何もせず放っておいたのですが、ニキビは治らず増える一方で、結局皮膚科を受診することにしました。

そこで医師に勧められたのは蒸しタオルによるニキビケアです。朝晩の洗顔後、水で濡らして軽く絞ったタオルを電子レンジで1分程加熱して温め、顔全体に2~3分覆って毛穴を開かせる方法です。毛穴が開くと、毛穴にたまった汚れが取れやすくなり、ニキビの原因となる余分な皮脂や菌を除去してくれるとの説明を受けました。

蒸しタオルで毛穴を開かせた後は、もう一度さっと水で汚れを洗い流し、処方されたニキビケア専用の化粧水のような液体を肌になじませ、乾燥させないような状態を保ちました。

この蒸しタオルによるニキビケアと合わせて、生活習慣も見直しました。

大人ニキビの原因の多くは、ホルモンバランスの乱れによるものだと聞きました。ホルモンバランスの乱れを改善する為には規則正しい生活を送ることが大切です。睡眠や休息をしっかりとり、ストレスをためないよう心がけました。また、朝、昼、晩の食事は決まった時間にバランスよくとるようにし、甘いものや脂肪分の多い食べ物はなるべく控えるようにもしました。規則正しい生活を送ると、自然とお通じも良くなって便秘の悩みも解消されました。

完治まで1年くらいかかりましたが、こうした努力の結果、徐々にニキビができなくなり、今ではニキビ跡も目立たなくなりました。ニキビが治って気持ちも前向きになりました。

アトピー肌のニキビは微妙なさじ加減のケアが必要です

私は若い頃からにきびと肌荒れに悩んでいました。生まれつきアトピーがあったので肌が弱く、にきびができはじめた頃は何を使っても治ることがなく自然に肌を隠す髪型をしたり、うつむきぎみになってしまいました。

洗顔も化粧品もにきび用を使い、甘いものを食べることも控えてもなかなか治りませんでした。プロ○○といった海外のにきび専用のスキンケアはにきびに即効効く成分が強いのかにきびには効いても他の部分に肌荒れが生じ、なかなか合うものを探すのが難しいです。

極度に脂っぽいものや甘いものを食べないことも、髪や爪に艶が無くなりますし、ストレスにもなります。

肌のターンオーバーをうまくするにはよく言われていますが、バランスのとれた食事と睡眠です。

髪が肌に触れないようにすることと寝具を清潔に保つことも大事です。にきびができてしまったら、若い頃の私はすぐ潰してしまっていました。

しかし、かなり肌にダメージが起こります。クレーターができてしまうと、なかなかきれいにするのは難しいです。

今では昔に比べかなり肌の調子がいいです。適度な栄養、睡眠、シンプルなスキンケア、ストレスを溜めない生活を送っているからです。食生活で糖質に頼りすぎないように心掛けたのも改善した大きな要因です。

ぬるま湯洗顔と、顔を触るクセの改善でおでこニキビ対策

1度ニキビが出来ると薬を塗ってもなかなか治らなかったり、治りにくい箇所がありますよね。私もニキビに悩んでいたときがありました。その時に聞いた方法が朝のぬるま湯洗顔です。初めて聞いたとき、洗顔石鹸を使わないという方法に抵抗を覚えましたが、やってみると効果を実感できた唯一の方法です。

この方法を始めたばかりの頃は顔がベタベタしてスッキリしない感じがあります。しかし継続していくうちに洗顔時に顔のベタつきがなくなります。つまり余分な脂が出なくなるのでニキビも出来にくくなります。

この方法でニキビ肌も大分改善しますが、それでも治らない場合があります。その原因は例えば汚れた髪がその箇所に触れていることや、無意識で患部を弄っていることが考えられます。それらを防ぐ方法が絆創膏です。

目立つので外出時は使えませんが、就寝時や休日で外出予定が無いときは患部を絆創膏で覆うと効果ありです。直接触れることが出来なくなるので改善が早まりますし、絆創膏に手が触れると無意識に触っていたことに気づくことができます。これは無意識な行動を修正するにも役立つので続けるとニキビに触れなくなって治りも早くなっていきます。

私はこの2つの方法で肌トラブルの悩みから解放されたので薬が効かないと悩んでいる人には是非試してもらいたいです。